2006年12月18日

エバートン×チェルシー

なんだか忙しいですよね。3〜4日ごとに試合。
他のチームも怪我の多いこのところ。気をつけて欲しいもんです。
さて、エバートンとチェルシー。
ユニフォームが青×白のエバートンと、白×青のチェルシーと、
とっても紛らわしかったです;;;
これはどうにかならないんですかね??? チェルシー黒で行けばよかったのに・・・笑。

おりょ?入場してくる先頭がテリー君じゃない!
どうも腰痛とかで・・・ベンチにも入ってないです。
スタッフと一緒にポロシャツ姿で見てましたね。(寒くないのかねえ?)
テリー君の長期離脱はかなりきついので、大事をとってくれてよかったのかも。

ドログバ&ロッベンの2トップ。(ロッベンは2トップはやりにくかろう;;;)
CBはブラルーズとカルバーリョのコンビ。

試合開始から、なんだかモウリーニョもカリカリ。
試合のムードもピリピリ。
荒れそうな様相を呈してきます。

アルテタにチェルシーの右サイドをどんどん突かれてしまいます。
かなり深いところまで行っちゃうのよね;;;アルテタ。
今日のDFはなんだか危なっかしくて;;;
ブラルーズの守備に、一抹の不安?(バルサ戦のときはあんなによかったのにね!)
ジェレミもいまひとつ。
そして、ブラルーズがPA内でエバートンの選手を倒してしまい、PK献上;;;
あらららら・・・先制されちゃいました;;;1−0


後半はジェレミをカルーに替えて、4−3−3に。
いつものお得意の後半からギアを入れるパターンか?!
このところ本当に後半に勝負かけてきますよね。チェルシー;;;
(始めからやらんかい!と思うのですが;;;)

49分。FKを直接バラックが決めて同点!!1−1
バラック・・・点は獲るんだよね;;;

左に出たほうがロッベンは生き生き。
カルーにも惜しいチャンス到来。点を獲らせて上げたいなあ。

しかし相変わらず、テリー君のいないDFラインには一抹の不安。
ブラルーズの対応はコワイの何のって;;;
結局、セットプレーから、ヨボにヘディングのゴールを決められてしまいます。
う〜〜〜追い越された;;;2−1
エバートンのセットプレーが続き、なんだか負けそうな気配も;;;
嫌な時間が続いてしまいます。

そこで、打開を図るべく、モウリーニョ監督は・・・
ロッベン→シェヴァ、ブラルーズ→ブリッジ(久しぶり♪)の二枚替え!
3バックにします。
をを!!モウリーニョ・メモが回っておるぞ・・・!!(笑)

シェヴァもかなり積極的にドリブル→シュート!!
乗ってくるチェルシー攻撃陣。
まず81分にランプスのものすごいミドルが炸裂!!2−2。87分、ドログバのスーパーボレー炸裂!!2−3

逆転。

凄すぎる;;;
ランプス、ドログバ・・・。ため息の出るような2ゴールでした。
(あ、バラックのFKも凄かったですけど!!・・・笑)
これ見せられちゃったらねえ。
シェヴァのゴールも生まれればよかったのに・・・。

・・・というわけで、2−3で逆転勝ち♪
ユナイテッドが負けちゃったらしいので、差も縮まったし、
素敵な一日でした。
posted by YOSHI-CO at 21:10| ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | England | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。