2006年10月22日

チェルシー×ポーツマス

この上なくいい日♪
レディング〜バルサ戦から、チーム力(そういうものがあれば・・・笑)がずいぶん上がっている感じ。

出足こそ、ポーツマスペースで、
かなりの時間、ポーツマスにボールをキープされていました。
かなり高いところからプレッシャーをかけてくるので、
うかうかしていられません。緊張;;;
そして、ポーツマス右サイドでのベンジャニの動きが、
なんとも独特の間合いで、アシュリーも苦しんでましたが、
少しずつチェルシーにチャンスも。

ロッベンが何度も左サイドから仕掛けています(時々右に移るけど・・・笑)。
彼の動き出しがとにかく早くて、今日は何かやってくれそう!
シェヴァにもなんとなく、今日はキレが戻って来ているように見えます。

しかしながら、チャンスはいろいろあれども、GKジェイムスが今日は当たってまして・・・
全部セーブされてしまいます;;;
シェヴァなんてとてもいいミドルがあったし、テリー君のヘディングシュートもあったのに・・・;;;

そして、後半。
みんなこの瞬間を待っていたのだっ!!

55分、シェヴァのゴールが
決まりました!!!!


スタンフォードブリッジが揺れました。
私も夜中なのに、思わず声上げちゃいました・・・苦笑。
ランプス→ロッベンの素敵なお膳立てに、シェヴァらしいゴール。
このゴールの前も、今日はずいぶんシェヴァらしいプレイが多かったので、
ゴールが生まれればな・・・と思っていたんです。
ここのところ、チェルシーはいい雰囲気ですね。

しかし・・・シェヴァが客席の方へ祝福を受けに行っていたら・・・
な、なんとイエローカード・・・大汗。
ぶ、無粋な主審・・・ちっ(怒った顔)

そして、喜びは二倍に!!

57分、なんとバラックも
プレミア初ゴール!!


ロッベンがこのチャンスにもからんでました(笑)。
そして、ドログバが「いけっ!」とばかりの、パスを出してくれたのでした。
で、客席に駆け寄ったバラックにもイエロー;;;;
もういいじゃん〜〜〜;;;もうやだ〜(悲しい顔)

このあとにもドログバのゴール!というシーンがあったのですが、
あれれれ・・・オフサイドだった;;;
もうまさに原さんの言うとおりに「チェルシーショー」といった感じ。

タッチラインを出ていないボールを、モウリーニョ監督が蹴ってしまう・・・
という、お茶目なアクシデントもあり・・・笑。

しかし、ここでちょっと浮き足立ってしまったのか、
ゴール前でバタバタしてしてしまい、先述のベンジャニにゴールを奪われてしまいます。
その辺りから再びポーツマスペース。
1点差しかないから、気を緩めてはいけません;;;ちょっとハラハラ。

バラック、ランプス、ドログバ・・・とみんなでミドルをお見舞いするのですが、
得点には至らず。相変わらずジェイムスが張り切ってるし;;;
途中から入ったJ.コール(ロッベン→)は、まだちょっとキレがないかな?
少しずつ彼らしさを取り戻して欲しいですね。
マケレレ(シェヴァ→)やブラルーズ(バラック→)を入れて、
しっかり守りきる体制に。
ホームでは功労者を途中交代させて、
スタンディング・オベーションタイム?を演出するモウリーニョ監督でした。

空には虹!!
2−1でチェルシーが勝利しました。
この上なく嬉しい試合でした。
このままシェヴァやバラックが、好調の波に乗ってくれることを祈って。
posted by YOSHI-CO at 17:26| ☀| Comment(7) | TrackBack(3) | England | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。