2006年10月15日

3人目のGK レディング×チェルシー

なんだか試合のレポを冷静に書けない気分なので・・・・

ミケルが初スタメン
ブラルーズが本職のセンターバックで出場
リッキーもマケレレもバルサ戦に向けて温存
J.コールがベンチに帰って来てる!出番はあるのかな?
今日こそはシェヴァのゴールが見たいな・・・

そんなことを思いながら、
キックオフの笛。
開始1分もたたないうちに、ツェフが・・・
攻め上がってきたハントと交錯。
頭を蹴られて立ち上がれません。
当たり所が頭だったので、不安です。そのまま病院へ。
(今日、ニュースを見ると、どうも入院してしまったみたいです)
クディチーニがゴールを守ります。
このときは、後半にあんなことが待っているとは思いもせず・・・

チェルシーにとっては暗い幕開けのこの試合。
レディングは、細かくパスを繋いで、試合を組み立てていくチーム。
さすがにチェルシーディフェンスの壁をかいくぐって行くのは難しいけれども、
いい攻撃を仕掛けてきてます。
なかなか枠にシュートが飛ばないのですが、
ポストを直撃するような、チェルシーが脅かされるシーンも。
ハントのチャンスメイクはいいです。

チェルシーもシェヴァがミドルを打ったり、ロッベンがチャンスを作ったり、
全くチャンスがないわけではなかったんだけれども・・・。
また、この試合で目立ったのが、テリー君のドリブルでの攻め上がり
何度も上がっていく彼を見ることができました。
今までそう頻繁にテリー君が攻撃に出て行くようなことってなかったので、
新しい感じ。
ちょっとレディングのマークも狂うし、なかなか効果的だったみたいです。

そして、46分ランプスのFKから得点!!
インギマルソンのOGという記録のようですが・・・。0−1

初スタメンのミケルは、レディングの選手のユニを引っ張ってしまい、
前にもイエローをもらっていたために、退場;;;
ちょっと気持ちが先に行っちゃい過ぎましたか?!頑張れ19歳!!

後半、試合はだんだん荒れ模様の様相を呈してきます。
チェルシーはインターナショナルマッチの疲れも出てきたのか、
攻め込まれる機会も多くなり・・・。
シドウェルの危ないミドルが・・・!!
しかし、今度はビケイの退場があり(厳しいイエロー2枚でした)、10対10の戦い。


さ、このまま守りきらなくちゃ!というときに、
パンチングで飛び出したクディチーニが、レディングDFと交錯。
後頭部から地面に落ちてしまい、意識不明・・・

どうして同じことが1日に2回も???
・・・信じられない。
もちろん故意ではないけれども、どうして???
ツェフは意識があったけれども、
クディチーニは横たわったまま全く反応なし。
もう祈りました。どの神様に祈っていいのか分からないけどね。
なんだか泣きそうな気分;;;試合も圧され気味だったところだったし。

reading_a4.jpg

テリー君が多分自分からGKを志願。監督にかけあいに・・・。
決意の顔。
イラリオのGKシャツに着替えて、グローブをつけて・・・
ゴールマウスを守ります。
その前にも、抗議でイエローをもらったりもしてるし、
今日はいろいろな意味で大活躍かも;;;
チームのピンチを救うべく立ち上がるキミは、やっぱり漢(オトコ)だぜ!
・・・と思ってしまう瞬間(笑)。
彼に「リーダーの資質がない」って言ってた人、見ましたか???(笑)

テリー君が監督からの指示を全員に伝え、
ドログバはなんとセンターバックを守り、
チェルシー一丸となる、9人で戦う緊張の最後の数分間。
祈りながら見ました。

選手たちのいつにない真剣な顔。
なんだかみんな、ぞくぞくするほど素敵だったんだけれども・・・。

このまま勝利。
内容的には、あんまりいい試合とはいえなかったけれども、
ちょっと最後にじ〜んとしてしまった。

バルサ戦はきつくなってしまうのかもしれないけれど、
やれる気がしてきた。
ツェフがいなければ、彼の分まできっとやる。
スタンフォードブリッジの歓声もある。

こうして、またまたチェルシーに惚れてしまうのでありました(^_^;)。
posted by YOSHI-CO at 21:32| 🌁| Comment(4) | TrackBack(2) | England | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。