2006年09月27日

CLグループリーグ リール×ミラン他

ジラの1トップ。
はあ、こう来ましたか。
アウェイモードで行くってコトでしょうかね?
DF陣はヤンクロ、カラーゼ、ネスタ、カフーと、レギュラー陣。
アンブロ、ガッちゃんを中盤に置いて、堅いイメージですね。

序盤はリールペース。
リールってほとんど知らないチームで、全くわからないまま観戦(^_^;)。
しかしながら、W杯で名前は耳にしていた、コートジボアールのケイタがいました。
左サイドのケイタのドリブル突破は脅威。
ここが攻撃の主流になることが多かったですね。

リールにゴールを脅かされるシーンがいくつかありましたが、
ネスタがナイスディフェンスでした!!
先週のリーグ戦の復帰戦ときは、無難・・・と言う感じでしたが、
今回は頼もしいネスタが帰ってきた?と思わせてくれるような感じでしたね。(前半特に)
ジーダもナイスセーブの数々・・・ってコトは、それだけ攻められてしまったと言うことですけど;;;

裏返して言うと、リールのシュートは枠に飛んでいるけれど、
ミランはイマイチ、フィニッシュまで持っていかれない・・・と言う時間が続き、
前半の終盤になって、やっとペースが少しずつミランに。
ピルロやガッちゃんからのいいスルーが前線に出ていました。
ピルロ→カカに出たものは一番可能性が感じられるものだったのですが、
それもリールのGKシルバのナイスセーブに阻止されてしまいます。
ジラも悪くなかったです。はい。チャンスあったし・・・。
絆創膏がかわいかったです;;;

でも・・・1点くらい獲って折り返したかった・・・と言うのが正直なところ。

後半。
カカ、セードルフ、ジラの連携が強化。
セードルフのゴールは、幻のものとなってしまいましたが・・・(T_T)。
なんだか後半はGK合戦の様相を呈してきました(^_^;)。
双方とも決定的なチャンスを作るのですが、GKがこれまた双方立ちはだかって・・・笑。
どっちも入れさせないぞ!・・・のような、カタルシスのない展開に・・・笑。

ん〜〜アンチェロッティは最初から引き分けでよかったのか、
先々を考えて、省エネで行くつもりだったのか、
なんだかリボルノ戦に引き続き、またよくわからなかったのですが(-_-;)、
ジラとピッポを交替;;;トップを2枚にするでもなく、
そのまま現状維持で試合終了。0−0。スコアレスドロー。

どうなの???
負けなくてよかったし、H組のもう一試合がまたもやドローだったので、(いったいどういうゆるい組なんだ;;;)
まあ、首位なわけですが;;;
もう一歩どうにかなったような気もするし、
なんともコメントしづらい試合です。
もやもや〜っとしたまま、
試合終了のダイジェスト映像とエンドロールを迎えた朝でした・・・(^_^;)。


それに引き換え、アーセナルはなかなか素敵な試合を見せてくれましたね。
アンリ&フレブの2ゴールはおみごと!
パス回しも相変わらず鮮やかで、楽しい試合でした。
フレブ&セスクの中盤の二人や、ロシツキ(ミドルがきれいですよね〜!)が面白いので、
時間があれば、アーセナル戦もちゃんと見たいんですけどね〜♪

実況チームの笑えたところ。

加藤さん「だんだんポルトは寄せられなくなって来てますね。」
中村アナ「疲労でしょうか?」
加藤さん「いえ、疲れてきたんでしょう。」

・・・・
なんだか加藤さんがかわいくて・・・爆。
posted by YOSHI-CO at 20:14| ☔| Comment(13) | TrackBack(8) | UEFA CL 2006−2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。