2006年09月18日

今週末のチェルシー&ミラン

す、すみません・・・まとめちゃって;;;
ちょっと体調不良なもんで;;;駆け足で;;;
TBとかコメントも、後日いたしますm(__)m

◆チェルシー×リバプール

この状態で、リバプールに勝てたのはすごく大きかったですね。
試合序盤は完璧にリバプールペースでしたし、
カイトのシュートがいつ入ってもおかしくはなかったと思います。
ベラミーの速さ、ジェラードの展開力。よかったですよね。

それに対して、あまりいいところがなかったのがチェルシーでした。
しかし、ドログバのゴールは、またもや超人的でした。
(結局この一点を守りきって勝っちゃうのですが;;;)

後半は、バラックがシソコの足を故意に踏んだ・・・とのことで、
退場になってしまいます。
バラックとシソコはずっとやりあってましたし、印象も悪かったと思います。
またもや、バラックの印象が悪くなってしまい・・・心配です。
彼は参ってしまわないかと・・・。

しかし、ロッベンが入ってきてから、
ちょっと光が見えたというか・・・
なにかきっかけのような、糸口のようなものを、見出せそうな気がしました。
やっぱりウィング君がいるといないとでは、違いますね・・・。

テリー君は前半のあわや怪我か?と言うシーンでも、なんでもなかったし(笑)、
後半は、さすが!の守備を見せてくれました。
もちろんカルバーリョも、マケレレも、エッシェンもですけど!!
ツェフのスーパーセーブの数々にも大いに救われました。

最後のテリー君とツェフの抱擁には、
今日の戦いのシビアさを改めて感じました。


◆パルマ×ミラン

ミランは完全にターンオーバーをしいてきました。
前半、コスタクルタやジラの負傷交替があり、ヒヤヒヤしましたが、
CLとはかなり違うこのメンバーで、ここまで戦えたのはかなりの収穫だと思います。

前半、セードルフが強烈なFKをゴールに叩き込み先制点。
この前にも、セードルフの絶妙のスルーパスがジラに出たりして、
セードルフは存在感を見せつけていました。

また、ヤンクロも後半、とてもいいクロスを上げていました。
去年、彼を使わなかったのはなんだかとてももったいない気がします。
今年のアンチェロッティ監督が採用しようとしているターンオーバー制には、
かなり期待を持っていますし、多くの選手のモチベーションの維持にも、
一役買ってくれることと思っています。

ジラに替わって入ったカカも、やはり輝きを見せています。
速いしね!!
PKを誘発した、カウンター・・・ピルロのパスにダッシュしたカカの走り。
これもすごかったですね。
2点目はカカ自身がPKをきちんと決めて・・・。

そして、特筆すべきはシミッチの守備。
ジダが前に出てしまったときのゴール前のブロック!!
スーパークリアでした。2回ほどこんなシーンがあり、
今回のシミッチは頼もしかったです!!
DF陣はパルマのチャンスが続く中でも、守りきれましたしね。
DFリーダーを欠いた中で、これだけできれば合格点でしょう。

さて、もう一回勝てばとにかくマイナス点が消滅しますよね。
早いところ消化して、どんどん上位に追いついていきたいところですね(^_^)v。
posted by YOSHI-CO at 23:04| ☔| Comment(10) | TrackBack(5) | お気楽放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。