2006年09月13日

A.マドリード×バレンシア

この時期にこの記事書くかな〜;;;
・・・というくらい、遅い反応で;;;でもメモっときます。

CLのバレンシア戦も明日の再放送までお預けになってます。
(見る順序があれこれあるので;;;)
モリ様のハットトリックが見られるようだから、楽しみにしてます。
ビジャと2トップだったのかな?


アトレティコ戦は・・・
ビジャの1トップでした。
アルベルダ、バラハと名物ダブル・ピボーテを欠く痛い状況。

前半はビセンテがなにやらとばしてまして、
7分の得点もビセンテのドリブル→センタリングから、
ビジャが決めたもの。
とても気持ちのいい、美しいゴールでしたぴかぴか(新しい)

その後もビセンテは調子がいいようで(前半はね;;;)、
きれいなクロスを見せてくれてます。
今年は活躍して欲しいぞ!!

で、この一点を守りきれちゃうのがバレンシアなのだ!!(笑)
もう後半はアトレティコが攻める攻める・・・。
アグエロ、ガジェッティが入って、俄然面白くなるアトレティコ。
とにかくアグエロが速いんです。
ファウルなしで止めるのは至難の業か?!
アグエロのニックネームって「クン」っていうんですって?
日本のアニメの主人公の名前だとか? 何のアニメなの???(^_^;)

マキシ・ロドリゲスまで投入されてしまいました。波状攻撃ですよ;;;
とにかく守るバレンシアDF。

途中から入ったレゲイロが、スーパークリアを見せてくれました。
すごいよ・・・!!手(チョキ)

楽しかったんですが、モレッティはレッドをもらっちゃうし、
なんだかわからない判定で、イエロー2枚で退場の憂き目を見てしまった、
F.トーレスはかわいそうでした;;;
0−1でバレンシアが守りきり、アウェイでの勝利となりました。

・・・というわけで、CLも早く見たいです・・・。
posted by YOSHI-CO at 21:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Spain | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CLチェルシー×ブレーメン他

いよいよCL本戦開幕です。
チェルシーは、サイドの二人はいないけれど、ほぼベストメンバー。
アシュリーも今回はスタメンです。
右SBはブラルーズ。

時々、いいパスも繰り出されるのですが、なんともロングボール多様で、
試合自体はかなり大味。
またそのボールが「前線に放り込めばいいってもんじゃないでしょ!」
・・・と言うのも多かったもので、面白い試合・・・と言うのにはほど遠かったです。
セルジオさんのお気にも召さなかったようですが(いや、多くの皆さんも・・・^_^;)、
でもCLは、とにかく勝たなくちゃいけませんからね〜。
つまんなくてすみません・・・って感じで(^_^;)。

また、シェヴァがあんまり調子がよくなかったのか、
DF裏に出るスルーパスに、上手く反応できないことが多かったみたいでした。
ランプスからいいパスが出ていましたが・・・残念。
ミランのときは、スルーパスを上手く胸トラップして・・・って言うのがよく見られたんですけどね。
時間が解決してくれるかなあ。

とはいえ、先制点はチェルシー。
24分。ランプスがブレーメンDFを突破しようとしたときのこぼれ球を、
エッシェンが拾って、すかさずゴール!!
これはなかなかの見せ場でした(^_^)v。

前半は中盤の攻防戦のような感じ。
とにかくエッシェン&マケレレが効いているので、頼もしい感じでした。
クローゼにシュートを打たれるも、無事無失点!!
ディフェンス陣も安定してました。

後半。
なにやらブレーメンが、ペースを上げてきます。
ファウルでブレーメンの選手を止めることが多くなってしまうチェルシー。
それでなくても、嫌にチェルシーにイエローが多いのはどうしてなの?!
ちょっと笛が公正感を欠いているように見えちゃいましたが。
終盤中心にイエローカードがかなり出されてしまいました;;;
(主要選手はみんな1枚ずつもらっちゃったんじゃ???)

フリングスのクロスがまたよくて、クローゼに決定機を作られてしまいますが、
向こうがペースを上げるなら、こちらもと言うことで(笑)、
アシュリーの長めのクロスに、ドログバのボレーが炸裂したシーンは、
「いただき!」と思いましたが、わずかにポストを逸れました。残念。
バラックのバーに阻まれるヘディングなどもあり・・・。

しかし、ドログバに対するフリッツのファウルでPKゲット!!
モウリーニョ監督のPKキッカーの1stチョイスはランプスと言うことだったんですが、
蹴ったのはバラック!!
メンタル面の流れを考えると、ここでバラックに譲ったランプスは、
いい選択をしたなと思います。
しっかりとPKを決めたバラックは、なんだか新人選手のようにも見え・・・笑。
ランプスの抱擁を受けるバラックの絵を見ていると、
これぞチェルシーといった感じでしたよ。青春様じゃ〜〜っ!

これで2−0
この後、ランプスのポストを叩く惜しいシュートなどもありました。
シェヴァ、ドログバ、バラックが、それぞれ、
J.コール、カルー、ミケルに交替。
J.コールの復帰には、スタンドの大声援♪ なくてはならない存在ですね。
週末のリバプール戦も考えないといけないし・・・。

ブレーメンは後半の最後まで、もたなかったかな?という感じ。
しかし、ホームは怖そうですね;;;
アウェイゴールをゲットされなくて本当によかったです。
怪我上がりのクローゼも、もっとコンディションを整えてくるでしょうし、
フリングスはやっぱりいいパス蹴りますしね。

さ、週末のリバプール戦頑張りましょ〜!!


で、そのリバプール戦も拝見しましたが・・・
リバプールはディフェンシブ&主力温存モードで来ましたね〜。
(PSVより、リーグのチェルシー戦を選んだのかなあ?)

しかしながら、攻めきれないPSV。
守備も中途半端だし、攻撃のときのパスも正確性を欠いていたような気が;;;
ヒディンクのときのような感じではなかったかな?
とはいえ、GKゴメスは安定しているようだし、
W杯で活躍した金髪のコネ@コートジボアールは頑張ってましたけどね。

後半になって相次いで、X.アロンソ、ジェラード、M.ゴンザレスを投入。
アウェイゴール1点くらい獲るのかなあ?と思ってましたが、
そのままスコアレスで終わりました・・・これでよかったのかな?(^_^;)
カイトに1点くらい獲って欲しかったんだけどなあ・・・笑。
ジェラードのポストを叩く強烈ミドルも決まっていればなあ・・・。
posted by YOSHI-CO at 17:17| ☔| Comment(13) | TrackBack(16) | UEFA CL 2006−2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。