2006年08月23日

ツルベナ・ズベズダ×ミラン

アウェイ、ベオグラードでの試合。
とにかくびっしり満員のスタンドと、その熱気にびっくり。
こりゃあ、やりにくそうだな・・・・と思いましたが(苦笑)。

ミランは1stlegのときと同じメンバー。
それって、あの恐ろしいビリーさんとシミッチのCBコンビってこと???大汗
ネスタの回復にとても時間がかかっちゃってるんですけど、
どうしちゃったのでしょうか???

前半、ズベズダがものすごい勢いで攻撃を仕掛けてきます。
結構手荒な感じなんで、怪我だけは避けたいところ。
ミランはジラがDF裏に抜け出すことを試みます。
オフサイドが多かったけれど;;;
前半の最初の方は、その熱狂的なスタジアムのムードと、
異常なほどの(^_^;)ズベズダの攻めモードに圧されていましたが、
だんだん、ミランも調子が出てきます。
1戦目より、選手のコンディションがいいようです。

カフーはとても調子がいいし、
ジーダも、その前のCBの二人は危うくとも(^_^;)、安定。
いい飛び出しも見せてくれました。
カカもだんだん調子が上がってきました。

そんな中で29分
ガッちゃんの右サイドからのクロス(いいボール!)を、
ズベズダのDFが頭で弾こうとしましたが、
すかさずピッポがヘディングでゴール!!
ピッポ、2戦続けて得点です!!
前半でアウェイゴールを獲ることによって、かなり精神的に楽になったミラン!!

ピルロも今日はそれほど目立ちませんでしたが、
結構いいクロスが上がってたりして、悪くはなさそう。

ズベズダは結局のところ、ラストパスの精度がよくないし、
ジキッチの長身が生かせないままです。

後半。
点を獲らないといけないズベズダは、カードを次々と切ってきます。
しかし、ペースはダウンしてますけど、相変わらずミランペース。
ボールもだんだん繋がるようになり、ちょっと安心。
(でも、これが超攻撃的なチーム相手だと、そうは行かないだろうけど;;;)

79分。カカがドリブルで攻め上がり(強かったです!)、
ボールを失いかけますが、相手のクリアが中途半端なものになり、
セードルフがそれを拾って、2点目get!!0−2
とりあえず、かなり安心できる状況かな?
点を獲っても静かなスタンド;;;

しかしその1分後、ビリーさんが「それは一体誰に?!」というパスを出してしまい、
ジュキッチに1点返されてしまいます;;;
やっぱり怖いよ〜〜(T_T)。このCBコンビ;;;

この後、カフー→ファバッリ(羽中田さんは「ファバッリ」が言えない;;;笑)
ジラ→ボリエッロと交替。
そういえば、ボリエッロがいたか〜(^_^;)。

このまま1−2で終了。
ミランは予選突破いたしました!!ぴかぴか(新しい)ひとまずおめでとう♪

1stlegより調子が上がってきたのはよかったです。
あとは、DFの面々が帰って来てくれることと、
FW・・・かなり即戦力になってくれる人がもう1人欲しいところですが。
でもねえ〜、ジラがもうちょっと頑張ってくれれば・・・;;;
「やればできる子」ですから〜。
ピッポとジラのコンビはどうなんだろうなあ・・・;;;

本戦に入って、強豪と当たるのが結構怖いです;;;今年は(も?)。
グループ決めで、いいくじを引いてくれるように祈ります・・・苦笑。
とはいえ、スーパーな面子が揃っているからいいかっていったら、
そうでもないと思うし(そういう面で、今年のチェルシーはわからない;;;)、
コンビネーションと、自己の力を最大限に出せるかって所だと思うので。
今後も頑張って欲しいです。


バレンシアも出場を決めました。嬉しいな〜。
後半だけ見ましたが、ビジャが今年も頑張ってくれることを期待して。
3点目を入れた新人君のシウバ・・・かわいかったです♪
ザルツブルグに知っている選手が結構いて、
そして率いるのがトラップ監督で、びっくりしました;;;

ヒロミ氏が、最後の中村アナとのトークのときに、
「去年、リヨンはミランに誤魔化されて負けた」って言ってましたが(^_^;を〜い)、
ヒロミ氏が言うと、あんまり頭にこないのは何故???(爆)
posted by YOSHI-CO at 14:14| ☔| Comment(9) | TrackBack(6) | UEFA CL 2006−2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。