2006年08月16日

日本×イエメン

今日はちょっと苦戦。
ゴール前のチャンスはありながらも、なかなかものにできない時間が続きました。
ちょっとジリジリしましたね・・・。

オシム監督の言葉を借りると、
「反省点は、フィニッシュでアイデアとリズムを欠き、
何度も同じミスを繰り返したことだ。」

・・・とのこと。

確かに暑くて湿度も高く、選手たちはきつそうに見えました。
前のトリニダード・トバゴ戦に比べると、足取りも重く・・・と言う風に見えたし。
試合自体も、見ていて「面白い!」と言うものではなかったです。

しかしながら、オシム監督の選手交代は、なかなかアグレッシブで、
「誰と替わるのかな?」というのが、結構楽しみだったりします。
羽生、佐藤兄弟と投入したのが、やっぱり効いてましたよね。
羽生選手。初めて見ました。ものすごい勢いで走ってましたね〜。

後半、セットプレーから、阿部、佐藤(寿)と2点獲ることができて、
引き分けではなく、2−0で勝利できたのでよかったです。

「マスコミの皆さん、サポーターの皆さんに学んでいただきたいのは、簡単に勝てる相手など今はどこにもいないということ。 」

そのとおりです!!
オシムさん、マスコミ教育もよろしく!!(笑)
(文芸春秋9月号にも、オシムさんと川淵キャプテンの対談が載ってましたけど・・・笑)
posted by YOSHI-CO at 22:42| ☁| Comment(6) | TrackBack(8) | 日本のサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。